スクイーズ法やセマンズ法

スクイーズ法やセマンズ法

早漏の改善や防止などは、早漏改善薬に頼らなくても自分で出来る方法がいくつかあります。早漏は男性にとって大きな悩みの種になります。性行為に対して自分自身が満足できなくなるうえ、相手のパートナーにも満足させれないことが影響し、自信が持てなくなりEDなどの症状に陥ることも十分に考えられます。

早漏を改善する方法で有名なものにスクイーズ法やセマンズ法の2種類あります。スクイーズ法は、早漏の改善や防止する方法で最も効果が高いと言われています。しかも自分だけで簡単に出来る、誰にも知られずに実行出来る、といったこともありいつでもやろうと思えば出来るのが良い点でしょう。

スクイーズ法のやり方

スクイーズ法のやり方

スクイーズ法のやり方は、射精する寸前まで亀頭や陰茎などを刺激し続けます。射精しそうな状態に亀頭の先を押さえ、射精しないように防ぎます。手順は、この2つの行為を繰り返すことで、徐々に射精までの時間を延ばすことができます。あるデータでは、このスクイーズ法で早漏の改善や防止に効果が実感できた方は、実に60%を超えたという調査の結果があります。

スクイーズ法は自分一人でもこっそりとできますが、パートナーと一緒にするとより効果的です。何より女性から刺激されるので、興奮作用がより大きくなった状態から射精を防ごうと耐えることはかなりの試練ですので、その分効果も高まります。パートナーと一緒に早漏を解消したい方は二人でチャレンジすることも選択肢のひとつです。

セマンズ法のやり方

セマンズ法のやり方

セマンズ法はパートナーが必要となる方法です。無理せずに早漏の改善や防止に効果があると言われるので大きな話題を呼んでいます。セマンズ法の手順は、パートナーに手で亀頭や陰茎など陰部中心に刺激してもらい、射精する寸前になった時に手を放してもらい射精しないよう耐えます。4回~5回ほど繰り返した後に射精します。

パートナーの手で耐えることができるようになったら、ローションなどを使い同じことを続けます。ローションでも耐えることができれば通常行う性行為で試してみましょう。体位を変え、先程の体勢を繰り返し続けることで、徐々に射精までの時間が長くなり、早漏の改善や防止に繋がります。スクイーズ法もセマンズ法もどちらも射精することに耐えながら我慢して行う方法ですが、効果は確実にあると言われていますので早漏に悩む方は試し甲斐はあります。

ポゼットの有効成分ダポキセチンが早漏改善